猫のタイ と 山のこと

愛猫タイ 山 花 好きなことあれこれ… 

憧れの剱岳へ・立山・奥大日岳♪(タイも山も丸6年!)


猫のタイ、
お久しぶりに、こんにちにゃ(=゚ω゚)ノ



もうね、僕、愛されすぎにゃの!
助けてぇ〜(笑)


と言っても、
僕もお姉ちゃんが大好き💕


僕は2か月の頃、ここのおうちに来て、
今日でまる6年にゃりよ😸


ママはどんどん山にはまっていくし、
お姉ちゃんも新しい世界に踏み出してるみたいだけど、
僕の生活は相変わらず(笑)


朝、ママと一緒に起きて、
ギュッと抱きしめられたと思ったら、
強引に目ヤニと耳の掃除をされて💦


朝日を一緒に浴びるのが日課で、
ママがトイレの掃除をしている間に
僕はテラスのパトロール!


朝ごはんを食べて、トイレして、
ママと遊んだり、散歩したりして、
ママがお仕事に行ったら、僕もお仕事!



毎日、毎日、忙しく寝てるにゃりよ🐱www


***



さて、私も登山を始めて丸6年が経ち、
先日、憧れ続けた「剱岳」(つるぎだけ)に登ってきました(*'▽')


剱岳は、富山県立山市に位置する、
日本百名山に選定されている標高2999mの山で、
深田久弥氏の「日本百名山」にある


全く剣岳は太刀の鋭さと靱さとを持っている。
その鋼鉄のような岩ぶすまは、
激しい、険しいせり上りをもって雪をよせつけない


というような岩稜伝いの鎖場やハシゴのルートになっており、
日本国内で「一般登山者が登る山の内では最も危険度の高い山」
とされています。


交通機関も、一般車両は入れないため、
ケーブルカーやバスなどのアルペンルートを乗り継いで、
室堂にいくことになります。



初日は、
神様の山である立山にテントを担いで登り、

まずは立山主峰(雄山)から稜線をつないでいきます。



この稜線上からは、雲の上に浮かぶ室堂平



北アルプスの峰々に、富士山、八ヶ岳もみえて、



立山最高峰の大汝山から下を見ると
緑の水を湛えた黒部ダム

立山(雄山、大汝山、富士ノ折立)~真砂岳~別山
目を見張るような美しい稜線が続きます。



そして、「剱岳」さん、こんにちは!

別山到着


別山の北峰からは剱岳の雄姿とともに、



雲に浮かぶハートの雪渓



後ろ立山連峰(白馬~唐松岳~五竜岳~鹿島槍ヶ岳)がずらり


贅沢な景色を満喫して、
別山を下ってテント場に。


日暮れとき、
テント場から憧れの剱岳を拝む至福のとき♪



*


2日目いよいよ剱岳へ
翌朝3時過ぎ、
真っ暗な中、ザレた急坂を落石しないように、
ハラハラしながら上り、


一服剱、前剱と鎖場が始まり、
前にも後ろにも多くの人がいて、
気持ち的に余裕がなく、かなり焦り気味💦


でも、アドレナリン噴出で、
テンション上がりっぱなし(≧▽≦)





いくつもの鎖場を上ったり、下ったりして、



剱岳登頂(2999m)\(^o^)/
夢が叶った瞬間、顔はボロボロでした(笑)



登頂の喜びの中、
コーヒーとバームクーヘンを味わい、
余韻に浸りました。


生憎と雲が多く、薄ぼんやりとした景色でしたが、
ブロッケン現象があったりもしました。



そして、下山!
どんどん青空が広がり、
雲の間から山々がみえてきて気持ちいい~♪



・・・無我夢中で陶酔したような時間を過ごせました。



下山後は、剱岳山荘でお昼ご飯にがっちり牛丼を食べ、
その日のうちに雷鳥沢キャンプ場に移動して
雷鳥沢温泉♨にゆっくりつかって、ビールで乾杯🍻!


充足感に満ちた夜になりました(≧▽≦)



3日目、翌朝3時すぎ、
奥大日岳に、剱岳と日の出を拝みに登りました。

暗闇の中、
剱岳のシルエットにヘッドライトの光を見つけたとき、
前日の自分達の姿を彷彿させられました




山頂からの日が上る前には暁の山々


待ちにまった朝日


山で浴びる朝日は一段と力強く美しい
脳内に幸せホルモンが満ちていく感じです(*'▽')



朝日を浴び始めた大日岳連峰(真ん中に大日小屋)

いつかこの稜線を称名滝まで繋げてみたい!
山を登るたびに、登りたい山が増えてゆく嬉しい瞬間です♪



朝露にぬれたチングルマ
厳しい自然の中に生きる高山植物を見るたびに、
癒しと元気をもらえます。

紅葉も始まりひときわに美しい雷鳥沢


テントを片付けて室堂へ。
途中、立山を映すみくりが池周辺を巡りました。


願い続ければ、思い続ければ、夢は叶う。
そんな夢のような3日間でした。


今回の登山にあたり、岩場のある山やクライミングジムに行ったり、
高山縦走、テント泊縦走などで体力作りをしましたが、
こんなに楽しく登れたのは、
好天と健脚の友人がひっぱってくれたおかげです🤗
感謝〜❣️



ご覧いただきどうもありがとうございました。



山行の詳細はヤマップに(^^)


****



いい6年間だったにゃ♪
よかった、よかった(*'▽')

これからもいい夢みるにゃり~♪



いつも一緒に♪


猫のタイ、お久しぶりにゃ♪



僕は元気にゴロゴロ~♪


このかわいいイラストは、
にゃんこトラベル - ムラゴンブログさんの、
たつねこスタンプLINE Stampです(^^)/



アンニュイな雰囲気!?




お姉ちゃんが始めたガーデニング、続くといいにゃ~(笑)



僕は毎朝夕はベランダでのんびり過ごしているけど、
最近は暑くて・・・夜が気持ちいいかにゃ



ママは、相変わらず天気がいい週末はいそいそと山へ
ろくに掃除もしないで(笑)


最近はお気楽隊のみなさんにお誘いいただく山行も増え、
先日は木曽駒ヶ岳で美しい景色を堪能してきたようにゃ♪



木曽駒ヶ岳 千畳敷カール

コバイケイソウの花畑の向こうには、雲海に浮かぶ南アルプス(*'▽')



ヤマミホさんのブログに元気なママがいるにゃり(*'▽')w





ママがときどき書いてるモーニングノートに、


モーニング妨害を始めた、タイ6歳の夏❣
いつも一緒にいられて幸せにゃりよ


▲入笠山・凍りついたテイ沢と大展望のフルコース雪山/マナスル山荘泊/2020年12月


朝陽が水平線から光の矢を放ち


紅白、聖子ちゃんの瑠璃色の地球、心に響きました❣️




今年も宜しくお願いします(^^)



2020年12月26.27日入笠山 マナスル山荘泊でフルコース


私にとっては4回目の入笠山❣️


初めての入笠山は、スキーバス往復でレンタルスノーシュー体験で登り、山頂の大展望に魅了され大好きな山になりました😆
2回目はハイキング初心者を連れて山頂往復のアイゼン練習
3回目はすずらん、クリンソウ、テイ沢周回で、花と緑を満喫


日帰りで行ける入笠山ですが、今回は念願のマナスル山荘に宿泊して、ブログ友のあきっこさんとチェーンスパイクで雪道のフルコースを歩いてきました🥰


新宿発あずさ1号の中からおおはしゃぎ!

憧れの甲斐駒ヶ岳が見えて萌え~



今回は時間もあるので、ゴンドラを使わず入笠山に登ってみたくて、富士見駅のひとつ先のすずらんの里駅で下車しました。
大きな八ヶ岳連峰を背に見ることができて感激(≧▽≦)


長く緩やかな林道の雪道だけど、


ひつじちゃんがいたり、


風の音山荘にはかわいい庭がありました(^^)



入笠山山頂では、全て360度の展望に恵まれ、身も心も震えました😻😹


夕日に染まる山々、


朝日に輝く山々、



日がさす明るい山々と



全て360度の展望に恵まれ、感謝、感謝❣️




そして、凍ったテイ沢には予想外の美しさでした❣️
夏は北八ヶ岳のようなテイ沢が、沢の流れのままに凍っていて・・・🤩
沢沿いが次第に通常の沢へと戻って行く様子が面白くも綺麗すぎました👏👏👏


◾︎高座岩~高見石~マナスル山荘
テイ沢からの帰り道、急登を上った高座岩は中央アルプスがさらに近く見えていい休憩所になってます。


高見石の稜線から牧場を抜けてマナスル山荘まであと少しのところで、槍ヶ岳までよく見える北アルプスの展望も素晴らしかったです😻


◾︎マナスル山荘


フリードリンク付きで炬燵のある個室でまったりできて、湯たんぽ入りのふかふかの布団でぐっすり😴
美味しくて温かみのある食事、寝転がって観る星空観察会と、いたせり尽せりの笑顔で親切な応接がとても心地よかったです。また泊まりたい❣️
山荘については別途ゆっくり書けたらいいなと思っています!


入笠山は完璧なほどに感動の連続でした☺️


そして、山の知識が豊富で表現力豊かなあきっこさんと一緒に登れたことがこの感動を倍増してくれたと思ってます。感謝❣️
最後、ビーフシチューの時間に間に合うように早足になってごめんにゃ、、、
是非またよろしく😘



あきっこさんのブログは
楽しさ伝わるブログなので、
読んでくださると嬉しいです(´▽`)ノ






私の山行詳細はヤマップに記録してます(*^^*)



***


にゃ~となく、牛さんにゃ

今年もよろしくにゃり🐄